記憶力向上トレーニングソフトを作る②


スポンサーリンク

はじめに

この記事は前回の続きです。前回の記事をまだご覧になっていない方は、先にそちらをご覧ください。

今回は、実際に動くプログラムの形まで作り上げていきます。

とりあえず、名前と好きな食べ物を取り入れて作成してみました。日本人の名前のリストは、以下のサイト様からコピーさせていただきました。

https://kujirahand.com/web-tools/myouji.php

食べ物のリストは、自分で適当に作ってみました。

それでは、具体的なことを書いていきます。

モード選択画面

まだ1つしかモードはありませんが、今後拡張していくことを考え、モード選択画面を作っておきました。

テキストファイルの読み込み

名前リスト、好きな食べ物リストを読み込んでいきます。

Dim reader As StreamReader = New StreamReader(".\name.txt", System.Text.Encoding.Default)
Dim i As Integer = 0
Do
    names(i) = reader.ReadLine()
    i += 1
Loop Until names(i - 1) Is Nothing
reader.Close()

これで、グローバル変数namesに次々と名前のリストが流れ込んでいきます。好きな食べ物リストも同様に行います。

時間制限をつける

時間が無限にあれば、なんでも覚えてしまうことはできるので、15秒という制限時間を設定しました。

ツールボックスからTimerを選択し、Formの上に乗せます。そうすると、TimerがForm上で使用可能になります。インターバルなどは、Timer1を選択した後、右下のプロパティウィンドウから変更できます。ここでは、15000と設定します。単位はms(ミリ秒)です。つまり、私はこのタイマーの最初のTickを制限時間としたということです。

15秒経つと、テキストボックスやラベルやボタンを表示、非表示するようにプログラムしました。そして、

時間になると、答えを入力する画面になります。もう一度人のプロパティ見ることもできますが、次も同じ人について聞かれるとは限りません。

正解すると、終了し、不正解だと、もう一度見ることになります。

スポンサーリンク

最後に

詳しいソースコードを知りたい方、実際にソフトをやってみたい方は、プロジェクトをダウンロードして、ご覧ください。

実行時の注意点は、exeファイルと同じディレクトリにlikes.txtとnames.txtを配置することです。

まだバグを除去したりしていないので、どうなるかわかりませんが。。。

ご覧いただきありがとうございました。

last

フォローする