PHPで500エラーが出たとき、エラーの中身を表示する方法


スポンサーリンク

サーバーの標準設定では、PHPで500エラーが発生した場合、「このページは動作していません」というメッセージのみ表示されます。しかし、デバッグする上では、レンタルサーバーのログファイルを毎回確認するのは面倒です。エラーはそのまま画面に表示してほしいことが多いと思います。以下の方法でエラーをそのまま表示できます。

<?php
ini_set("display_errors", 'On');
error_reporting(E_ALL);
?>

これをPHPファイルの先頭に追加するだけです。

デバッグ完了後、セキュリティのため必ずこれは削除してください

ご覧いただきありがとうございました。

この記事への感想を教えてください
  • 内容が十分
  • 内容が足りなかったが役立った
  • 内容が足りず役立たなかった
  • 求めている記事ではなかった
last

フォローする