SSL化を自分でやってはいけない理由 HTTPS化は必須です!


SSL/TLS化(HTTPS化)の重要性が、最近は特に際立っています。
と言うのも・・・

スポンサーリンク

「保護されていない通信」と表示されてしまう

「世界のインターネットブラウザのシェア1位のGoogle Chromeで、HTTPサイトを問答無用で「セキュリティが不十分なサイト」として扱うようになった」

という状況によるものが大きいです。Google ChromeでHTTPサイトを開くと、以下の画像のように「保護されていない通信」と表示され、ユーザーに注意を促します。

これでは、サイトのユーザーは個人情報を入力することをためらってしまいます。

(事実、通信のログを取れば個人情報は筒抜けです…
特にクレジットカード情報は決してHTTPでは送らないようにしましょう。)

SEO的問題

もう1つ大きな問題があります。それは、

「GoogleがHTTPのままのサイトの検索の順位を意図的に下げている

ということです。これはGoogle先生が公式に仰っていることなので、本当のことだと思われます。SEOにまで影響が及ぶ問題であるということがわかりました。
最近は常時SSL化されたウェブサイトが多くなってきており、HTTPのままのサイトの方がマイノリティでは?と思うことも多くなってきました。

Googleは、世の中の全てのサイトをHTTPS化していきたいようです。

豆知識ですが、Yahoo! JAPANの検索エンジンは、Googleの検索エンジンがベースとなっています。そのため、Google向けのSEO対策はYahoo!向けのSEO対策となり得ます。

SSL化で高速化!?

HTTPSに対応することで一見、暗号化・復号化処理によってページが重くなるのではないかと思いがちですが、実は真逆です。暗号化・復号化処理が重かったのは過去の話で、今のパソコン・サーバーのスペックでは普通気にならないほどです。

むしろ、HTTPS化によりHTTP/2という新しい技術を使うことができるようになることで、ページの転送速度が速くなり、結果として早くページを表示することができるようになります。ユーザーエクスペリエンスの向上のためにも、SSL化は行うべきということになります。

自分でSSL化(HTTPS化)をやってはいけない理由

HTTPS化は、ただサーバーのコントロールパネルにてSSLをONにして終わるわけではありません。そのままでは、実はHTTPのサイトが生き残ってしまい、アクセスする人によってHTTP/HTTPSバラバラになってしまうケースがほとんどです。先日SSL化のご依頼をいただいた方もそのような状況となりました。

これを解決するには、.htaccessというファイルを編集するなど、高度なサーバー管理の技術が必要となります。ちなみにこのファイルはデリケートで、メモ帳で編集するとBOMというゴミが入ってしまい、マズいことが起きる可能性が高いです。

(.htaccessの編集でミスすると、サイトがまるごと落ちてしまい、高額な作業代金が必要となるケースがあります。)

また、HTTPSサイトの一部にHTTPを使うコンテンツ(特に画像に注意)が存在してはならない決まりがあります。HTTPとHTTPSのコンテンツが混在している状態を「Mixed Contents」と言います。。Mixed Contentsが存在しないかどうか全ページ検証するのは大変手間がかかるため、普通自分では行いません。

スポンサーリンク

簡単に依頼して安全・完全に常時SSL化

SSL化・HTTPS化がなぜ重要なのか、なぜ自分でやってはならないのかをお伝えしました。

ここで、個人的に大変お世話になっており、とても信頼できる作業者様のWordPress常時SSL化サービスをご紹介します。

このサービスページの販売実績と評価をご覧いただければ、信頼できる人だということがわかると思います。ココナラという出品サイトを使用しています。

イチオシポイントは、先ほど出てきた「Mixed Contents」を高い精度で排除してくれるという点です。

低品質なサービスでは、サーバーのSSL設定をONにするだけで終わってしまうこともありますが、PHP-ZONE様はこのように最後まで完全なHTTPSとなるように設定してくれます。

この品質でこの値段は格安です。PHP-ZONE様に依頼してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

last

フォローする