レンタルサーバーでPhantomJSを動かす方法


レンタルサーバーでは、PhantomJSを標準ではサポートしていない場合があります。その場合は自分で実行ファイルを持ってくる必要があります。今回はその手順を紹介します。

私の場合はXreaにて動作させることにしました。

スポンサーリンク

ファイルダウンロード

まずはシェルからPhantomJSを利用したアプリケーションを設置したいディレクトリに移動します。次に、以下のコマンドを打ち込みます。

wget https://bitbucket.org/ariya/phantomjs/downloads/phantomjs-2.1.1-linux-x86_64.tar.bz2
tar jxvf phantomjs-2.1.1-linux-x86_64.tar.bz2

こうすることで、巨大なphantomjsファイルがbinディレクトリの中に展開されます。これを適当な階層に持ち上げてきます。

パーミッション

このファイルは実行ファイルですので、chmodやFTPソフトの機能から、phantomjsファイルに実行属性を与えます。この手順は忘れがちですが、最も重要な部分です。

動作確認

phantomjsファイルを設置したディレクトリで、

./phantomjs -v

と入力します。これでバージョンが表示されれば設置完了です。

スポンサーリンク

使用方法

今回はパスが通っていない場所にファイルを設置したため、これを使用する場合は

./phantomjs hogehoge.js

という雰囲気で使用することとなります。./などを使って、phantomjsファイルの場所を明確に示す必要があるので、注意してください。

ご覧いただきありがとうございました。

参考

PhantomJS を CentOSにインストールする3つの方法 | Crane & to.

last

フォローする